• 今岡茂人

HIIT

自分を追い込む


最大心拍数の運動 4分×5セットか〜


個人じゃ出来んやろうね


これに似たトレーニングを選手たちはすでに知っている!


それは???


ブルガリアシャトルランニング!


30mの折返し2連続 10秒のインターバル ×3本!


中学生には現実的なメニューなんよねー


最近、那珂川で仕事していて自主トレに励む選手を見かける事がある!


信じている♥️


トレーニング習慣を止めることを「ディトレーニング」といい、「人間の身体は負荷に適応する形で変化します。トレーニングによって掛かっていた負荷が大きく低下している期間が4週間を超えると、筋量自体が低下する可能性が出てきます」と指摘する。


 練習が中断されている選手たちは現在、個々でクラブから指導されるメニューなどに沿ってコンディションの維持を図っている。とはいえ、普段行っているような強度での練習は難しい。大西氏は最も懸念される点を「スピード持久力でしょうか。この能力の低下によって、高速度のスプリント(ダッシュ)を何度も繰り返すといったことができなくなり、サッカー選手のパフォーマンスに重要な影響を与えます」と挙げた。


 その低下を少しでも食い止めるためには、HIIT(ハイ・インテンシティー・インターバル・トレーニング)と呼ばれる高強度のトレーニングが有効とされる。例えば最大心拍数に近い強度でのスプリントを4分間×5セット行うことの有効性が報告されており、個々の状況に合わせ「定期的に強い刺激を与えること」がポイントになるという。


 ただしサッカーに必要な筋の能力はキックやジャンプといった動作ごとに多岐にわたるため、走るだけではカバーしきれない。「普段トレーニングで行っていた、サッカーに特異的な動作の組み合わせと、それを繰り返していた部分が、どうしても不足します。プレーのイメージに対して体を動かすという能力はもちろん、イメージそのものの精度が低下する可能性など、体のブランクだけではなく、頭のブランクとも言える現象が表れるかもしれません」。試合の局面をイメージしたフットワークやジャンプのトレーニングとともに、HIITを取り入れていくことが現実的な方法論になりそうだ。Jリーグ再開に向けてコンディションの低下を抑えるには、選手の工夫と高い意識が重要になる。

275回の閲覧
名称未設定-1.png

© FC LAPASION U-15 All Rights Reserved.